顔の産毛などは目立たない人もいますが、たくさん生えているがために目立ってしまうような人もいます。体のムダ毛のように服で隠してしまえるようであればいいですが、顔のムダ毛、産毛は隠すことができないので困る人もいるでしょう。

毎日カミソリでこまめに手入れすることは費用もかからなくていいですが、気になるのは肌への負担です。毎日カミソリでお手入れすることで、肌の表面は潤いや滑らかさを失ってしまいます。ですから、顔脱毛を行うのが最適です。

サロンで顔脱毛を行うことで日々のお手入れもラクになりますし、肌を傷つけることもなくなります。そして、顔の肌が滑らかになる事でメイクのノリも良くなるでしょう。ファンデーションのノリが良くなりますし、肌も美しく見えるようになるので、今まで以上にメイクの満足度も高くなる人が多いのではないでしょうか。

脱毛というとワキや足の部分の脱毛を連想する人も多いですが、顔脱毛は男性でも行う人がいます。特に男性は顔に髭がありますから、自分で顔の脱毛をするには苦労が伴います。男性女性共に顔の脱毛を考えるのであれば、痛みの少ない肌思いの施術をしてくれるサロンを探すといいのではないでしょうか。

顔脱毛でお肌をワントーン明るく

お顔の産毛は、カミソリなどで剃る機会が多いでしょうが、カミソリなどを使うことで、お肌にかなりの負担をかけているでしょう。繰り返し使うことで、色素沈着に繋がることも考えられますので、お顔の産毛も脱毛サロンなどで顔脱毛をするといいのではないでしょうか。

顔脱毛を行うことで、お肌への負担がなくなる他にも、顔色が明るく見えるようになるでしょう。それまでフサフサと生えていた産毛が、1本1本はっきりと目には見えなくても、少なくとも顔色のくすみの原因になっていたことが考えられます。その産毛がキレイになくなることで、顔色がワントーン明るくなることでしょう。

また、顔脱毛をすることで、化粧水などの美容成分の浸透が以前より良くなり、これもお顔が明るくなることに繋がります。美容成分の中でも、ターンオーバーを活発にしてくれる成分などを使ってあげることで、古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わり、くすみなども改善してくることでしょう。

顔脱毛は、様々なサロンで行われていますので、気軽にお手入れがしやすいでしょうが、お手入れ後のお肌は、敏感になっていることが考えられます。シミなどのトラブルにも繋がりやすいですので、お手入れ後は、しっかりと紫外線対策をすることが大切でしょう。

顔脱毛の前に自分でしておく準備って?

わきや脚だけでなく、顔脱毛もとても人気があるのをご存知ですか?自分でカミソリなどでうぶ毛の処理をしたりしている方も多いですが、自己処理は肌を傷める原因になります。脱毛により、肌のつやが見違えるほどよくなり、化粧乗りもアップするのが人気の理由です。

サロンや病院で顔脱毛を行う場合、気をつけなくてはならないのは事前の準備です。まず気をつけたいのが日焼けです。意外に思われるかもしれませんが、脱毛機器はメラニン色素に反応します。

肌細胞に含まれているメラニン色素には反応しないような仕組みになっているとはいえ、日焼けをしてしまうと脱毛機器が反応してしまう場合があるので、日焼けは厳禁なのです。日焼け以外にも、ニキビや吹き出物、引っ搔き傷などに気をつけることも重要です。また、事前のシェービングは必須です。これを忘れると施術をしてもらえない可能性もあります。施術を受ける3日前から遅くても前日までに電気シェーバーを使って処理をしましょう。シェービング後は必ず保湿を行って、肌を落ち着かせましょう。

メラニン色素が多ければ多いほど、脱毛時の痛みが強くなります。日焼けをしないこと、事前のシェービングをしっかりする、ということを気をつけましょう。

顔脱毛の後はいつからお化粧してもOK?

顔脱毛をすると、産毛がなくなることで顔色が明るくなり、またメイクののりも良くなることから、いま女性の間で大変人気を集めています。

ただ、気になるのは顔脱毛の後はいつからお化粧しても大丈夫なのかということ。やはりスッピンでいることに抵抗を感じる女性も多いので、施術後のメイクがいつからできるのか気になるという方がたくさんいます。

顔脱毛をした直後は肌に熱がこもり、赤みを伴う場合があります。いわば、軽いやけどをしたような状態なので、とにかく冷やすことで肌への刺激を減らすことが大事です。

一般的には数十分~数時間でそうした熱や赤みはなくなりますが、できれば施術当日は肌への負担を減らすため、メイクはしないようにしましょう。とてもデリケートな状態になってしまっているからです。
そのため、スッピンで外を出歩きたくない人は帰宅するときに身に着ける帽子やマスク、サングラスなどを持参することが多いです。

施術翌日からは普段通りメイクは可能になります。ただし、肌が赤みを帯びていたり、ヒリヒリとした感覚が残っている場合は肌へのダメージがいまだに続いているということなので、無理にメイクはせずサロンや医療機関に相談するようにしましょう。

ニキビ肌でも顔脱毛したいなら

顔脱毛をすると化粧のノリが良くなって、洗練された印象を与えることができます。産毛がない分肌の色も明るく見えますので、色白効果も期待できます。化粧崩れに悩んでいる人も、朝メイクをすると夕方までもたせることができるようになりますので、おしゃれに気を使うなら顔脱毛はぜひやっておきたい処理です。

ただし、ニキビ肌に悩んでいる人は健康な状態の肌よりも敏感になっていますので、脱毛方法をより慎重に選ばなければなりません。炎症を起こしている部位は少しの刺激にも敏感に反応してしまい、色素が沈着して黒ずみが残ってしまう可能性もあります。

ニキビ肌の人には、プラズマ脱毛やIPL脱毛が適しています。一瞬のうちに照射と休止を素早く繰り返すタイプなら、肌の表面温度が上がりませんので、皮膚に負担をかけずに処理することができます。
照射される光の効果はムダ毛を取り除くだけではありません。肌中のコラーゲン生成の働きを活性化させて潤いを取り戻したり、赤みや色素沈着を改善させたり、しわを目立たなくする効果もあります。ダメージが起こりやすいニキビ肌でも安心して行える方法であり、もっとも安全にムダ毛をなくすことのできる方法の一つです。

脇脱毛キャンペーン中のクリニックはここ